HOME > 子育てコラム > 子育て > 子どもの気持ちを育むことは脳がグンと良くなる

子育てコラム

< 脳が喜ぶ仕掛け ~聴覚の鍛えかた~    |  一覧へ戻る  |  脳が喜ぶ仕掛け~視覚を鍛える~ >

子どもの気持ちを育むことは脳がグンと良くなる

『気持ち』にはどんな種類があるでしょうか?

『気持ちがいい』
『気持ちが悪い』
『気持ちが入る』
『気持ちが入ってない』
『気持ちを込める』
『気もちがわからない』
『気持では負けていない』

など様々な言葉がありますね。

幼児期に育てたい『気持ち』のまずひとつ目は

『好き』

この『好き』という気持ちを
一番育ててあげたいですね。

『好き』という気持ちは脳へとっても良い栄養となります。

『好き』と脳が理解するとスイッチが入ります。

よく言われる『やる気スイッチ』も
この『好き』の気持ちを持たせてあげることが大事なんですね。

子どもの『好き』をまずは育ててあげる

始まりは『好き』という気持ちから

『好き』の気持ちから始まる脳の成長を次回見てみましょう。





 

カテゴリ:

< 脳が喜ぶ仕掛け ~聴覚の鍛えかた~    |  一覧へ戻る  |  脳が喜ぶ仕掛け~視覚を鍛える~ >

このページのトップへ