HOME > 子育てコラム > 0歳児 > 乳幼児の喃語にママは答えなけらばいけないのか?

子育てコラム

< 脳を育てる道具のいらない遊びはコレ!  |  一覧へ戻る  |  新生児時代には『あそび』でとことん関わる >

乳幼児の喃語にママは答えなけらばいけないのか?

0歳から始める子供の将来の選択肢を広げ
ママと一緒に天才キッズを育てる教室
ジーニアスファクターエデュケーション
主宰の池田恭己です

生まれてすぐの赤ちゃんのときから
コミュニケーションを取ろうとしています

泣き声以外にも
しゃっくりをしたり
げっぷをしたり
いろんな音を出します

そんな口から出てきた音に対して
ママが聞きもらさずに答えてあげていると
のちのコミュニケーションへとつながっているのです

赤ちゃんの出した音をまねるだけでいいんです

『げっぷでたね~』
『ひっくってしゃっくりでんだ』
『あ~んあ~ん泣くのね~』
のように
言葉になっていない音をは発したら
すかさず答えてあげてください。

このママのやり取りが
コミュニケーションの始まりとなるのです。

ママがなにかしら声を出して
子どもの顔をのぞきこんで
目を合わせていると

『聴く力』もどんどん育ちます

一生懸命に声を出しているときにも
ママはその言葉を代弁してあげましょう。

声を出したら
答えてあげる

声の高さは少しだけ高めにね


 

カテゴリ:

< 脳を育てる道具のいらない遊びはコレ!  |  一覧へ戻る  |  新生児時代には『あそび』でとことん関わる >

同じカテゴリの記事

新生児時代には『あそび』でとことん関わる

0歳から始める子どもの将来の選択肢を広げ
ママと一緒に天才キッズを育てる
ジーニアスファクターエデュケーション
主宰の池田恭己です。

赤ちゃんと一緒に『あそぶ』って
どうすれば良いのかわからないんです。

そんなお話を新米ママから聞きました。

赤ちゃんと『あそぶ』って

とっても簡単!

新生児時代はとにかく

肌に触れ
声をかけ
笑う


これにつきます。

手を触りながら『親指さん、人差し指さん‥』
足をもって『いっち、に、いっち、に』
お顔を優しく触りながら『かわいいほっぺ』
おなかやわき腹をこちょこちょする

こんなことが『あそび』なんです。

ママとの信頼関係を築いていくうえで
『あそび』はとっても大事!

2か月ころまではこんな簡単な『あそび』で
赤ちゃんは多くのことを吸収しています。

ね、赤ちゃんと『あそぶ』って
とても簡単でしょ。

たくさん遊んで天才キッズへの道を歩みましょう

 

脳が喜ぶ仕掛け ~聴覚の鍛えかた~  

0歳から始める子どもの将来の選択肢を広げ天才キッズをママと育てる
ジーニアスファクターエデュケーション代表 池田恭己です。

赤ちゃんは、生まれた時からママの声を知っていると
言われています。

ママには声をかけて動作をする習慣つけて欲しいです。

『オムツ変えますね~』
『おっぱいにしようね~』
『ママ、ちょっとお洗濯干してくるから待っててね』
『今日はいいお天気だからお散歩行こうか』
『今からご飯の準備するね、今日はなに作ろうかな?』

のように今からする行動を赤ちゃんに伝える感じで
語りかけてあげてください。を
赤ちゃん言葉を使うと言語習得が遅れる
ともいわれますが

ママが声をかけやすい言葉で
いつも優しい声で
脳に染みこむ声かけを

毎日続けてあげてください。

そして声をかけるときには

『○○ちゃん。‥‥』

ママの声

と赤ちゃんの名前を最初に呼んであげてくださいね。

毎日毎日の声かけで

物の名前を覚え
ママがこれから何をするのかを理解し

脳がどんどん成長していきます。

ママの優しい声は赤ちゃんの脳は大喜び

声をかけるだけで天才キッズへの道を進んでいますよlovely


脳を育てるのは今だ! ~0歳からのアプローチ~

0歳から始める子どもの将来の選択肢を広げ天才キッズをママと一緒に育てる
ジーニアスファクターエデュケーション 代表 池田恭己 です。

脳を育てることは0歳からもう始まっています。

赤ちゃんを目の前にして『何をすればよいかわからない』
そう話されるママはたくさんいます。

泣いたら
おっぱい、おむつ、抱っこ

これだけではもったいない

シナプスを増やすには五感を刺激

五感への刺激を毎日働きかけることが大事です。

繰り返し良い刺激を与えてあげる。
これで天才キッズへの道が進んでいきます。

五感への良い刺激をたくさん与えてあげることが
お子さんへの最高のプレゼントになります。

次回からは五感への働きかけを一つ一つ見ていきましょう。

 

0歳のうちにドンドン増やそう~シナプス~

0歳から始める子どもの将来の選択肢を広げママと一緒に天才キッズを育てる
ジーニアスファクターエデュケーション 代表 池田恭己です。

『シナプス』って耳にしたことはありますか?

最近、体験レッスンに参加してくださるママさんたちも『知ってます』とおっしゃる方が多くなりましたgood

『シナプス』の
とは脳の神経細胞どうしのつなぎ目の役目をするものですsign01

このシナプスの数が多いほど神経細胞の神経回路が多くなり、
情報伝達が強くなるといわれています。

シナプスを増やせば天才の脳を育てることができるのです。

人間の脳は生まれてすぐに神経細胞は作り終わっているのですが
シナプスが少ないために神経細胞どうしのつながりはほとんどありません。

生後すぐから脳内のシナプスはぐんぐん増え3歳頃がシナプスの密度が最大となるのです。

シナプスは刺激によって増えていきますが、

悪い刺激ではなく

良い刺激を

常に与えてあげるといいですね。

3歳までに五感を十分に刺激して、脳を使う活動を促してあげる必要がありますheart01

『シナプス』を増やしてあげることは赤ちゃんへのとっても大きなプレゼントになりますよpresent

赤ちゃんの教育はいつから始めるのが良いのでしょうか。

0歳から始める子どもの将来の選択肢を広げママと一緒に天才キッズを育てる

ジーニアスファクターエデュケーション

赤ちゃんへの教育は生まれたすぐから始まっていますwink
0歳から脳全体への働きかけを行うことで

≪天才脳≫を育てることができます。

脳全体への働きかけで一番最初に行うことは
 
『五感を育てる』ことです。

≪聴覚≫≪視覚≫≪嗅覚≫≪味覚≫≪触覚≫

≪聴覚≫が一番発達している生まれたばかりの赤ちゃんには

声をたくさんかけてあげましょうlovely

言葉の意味がまだ分からない

聞こえてきた言葉を
脳へ刻み込んでいきます。

言葉を理解するため
言葉を発するため

脳は日々活動していますheart01

生まれた日から
赤ちゃんへの教育は始まっています



では生まれてからの教育について
どのような働きかけをしていけばよいのか

天才キッズを育てるのは
親でしかありません。

ジーニアスファクターエデュケーションで
親の効果的な働きかけを一緒に学びましょうnote



 

このページのトップへ