HOME > 子育てコラム > アーカイブ > ジーニアスファクターエデュケーション

子育てコラム ジーニアスファクターエデュケーション

天才キッズを育てるのは親次第!って本当ですか?

天才キッズをママと育てる
ジーニアスファクターエデュケーション

子どもは誰もが天才!とお話ししていると

『わが子は天才とは思えない!」

そうおっしゃる
2歳の男のを持つママがいらっしゃいました。

いうことは聞かないし、
飽きっぽいし、
乱暴だし、

どこを『天才』といえばいいんでしょうか?

どこを見ても『天才』と思えばいいんですよ。

親の関わり方で
子どもはどのようにでも
成長するのです。

無限大に広がる子どもの可能性を
活かすも潰すも親次第。

幼児期のほったらかし育児は
もったいない!!

3歳位までの時期は
子どもに優しく声をかけ
しっかり五感を育てましょう。

五感の育て方鍛え方を
じっくり理解できるレッスンにご興味のある方は

ジーニアスファクターエデュケーションの
体験講座へぜひご参加ください。


お申し込みはこちら

天才キッズとは

ジーニアスファクターエデュケーションでは『天才キッズ』を育てましょう!
とお話ししています。

『天才キッズ』とは一人一人が持って生まれた≪天才の種≫を自ら育て輝いていける子
のことを指しています。

いわゆる『勉強のできる子』ではなくこれからの時代を生き抜く『賢い子』なのです。

何かに秀でていないと≪天才≫と呼ぶのは?という方もいます。

でもでも、子どもって誰もが≪天才≫いろんなことに天才っぷりを見せてくれます。

子どもの持つ天才の種を自ら育て花を咲かせるには土が大事なんです。

この土をふかふかにして栄養をあげて種がよく育つような環境を作るのは側にいる

大人の仕事です。

それは、親だったりおばあちゃんだったりおじいちゃんだったり先生だったり

ちょっとだけ芽を出すまでの0歳から3歳の時期にどんな土作りをすればいいのかをお伝えするのが
ジーニアスファクターエデュケーションでのレッスンです。

ふかふかの土作りを一緒にしませんか?



ジーニアスファクターエデュケーションへの思い

はじめまして。 ジーニアスファクターエデュケーション主宰の池田恭己です。

これからの時代を生き抜く天才キッズをママと一緒に育てる方法を 日々乳幼児を持つママたちにお伝えしています。

わたしは、音大を卒業してから音楽にどっぷりと浸かりながら過ごしている中で 音楽教室で子どもたちにピアノを教えるお仕事をしていました。
そこで、 ピアノを教えるということは子どもたちにピアノを教えることだけではないことに気づきました。

厳しく指導するのではな音楽を楽しみながら学ぶ これが一番。
そう感じてからは リトミックについて学び、その先には音楽療法を学ぶために専門学校に入学、 心理学を学びたく福祉大学の通信科へ通いました。

様々な学び中で子どもへの教育について考えるようになりました。

教育で子どもは変わる 教育で社会は変わる

こどもの成長、発達に教育環境が大きく関わっていること、 また幼児期の環境で子どもはどのようにでも成長する。
どのような環境をつくることが良いのかを子育て中に試行錯誤し、失敗し、迷い戸惑い、 もがきながら2人の子どもを育てながら、
リトミック、知育、ピアノ教室で接したきた 子どもたちとママとの関わりの中で発見したのです。

ママが子育てを楽しむ これが重要。

ママが育児に翻弄されることなく子どもを育てられる社会を創ること
この想いを≪志命≫としジーニアスファクターエデュケーションを開講いたしました。

子育てしながらママも育つ子も育つ、 子どもの天才の種を育て、成長を一緒に楽しみましょう!

1

« 0歳児 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ