HOME > 子育てコラム > アーカイブ > 2016年12月

子育てコラム 2016年12月

乳幼児の喃語にママは答えなけらばいけないのか?

0歳から始める子供の将来の選択肢を広げ
ママと一緒に天才キッズを育てる教室
ジーニアスファクターエデュケーション
主宰の池田恭己です

生まれてすぐの赤ちゃんのときから
コミュニケーションを取ろうとしています

泣き声以外にも
しゃっくりをしたり
げっぷをしたり
いろんな音を出します

そんな口から出てきた音に対して
ママが聞きもらさずに答えてあげていると
のちのコミュニケーションへとつながっているのです

赤ちゃんの出した音をまねるだけでいいんです

『げっぷでたね~』
『ひっくってしゃっくりでんだ』
『あ~んあ~ん泣くのね~』
のように
言葉になっていない音をは発したら
すかさず答えてあげてください。

このママのやり取りが
コミュニケーションの始まりとなるのです。

ママがなにかしら声を出して
子どもの顔をのぞきこんで
目を合わせていると

『聴く力』もどんどん育ちます

一生懸命に声を出しているときにも
ママはその言葉を代弁してあげましょう。

声を出したら
答えてあげる

声の高さは少しだけ高めにね


 

脳を育てる道具のいらない遊びはコレ!

0歳からはじめる子どもの将来の選択肢を広げ
ママと一緒に天才キッズを育てる教室
ジーニアスファクターエデュケーション

主宰の池田恭己です。

脳を育てる遊びで一番簡単なことは
『じゃれあい』です

抱きついたりぶらさがったり
おすもうをしたり
一緒にころがったり

これってとっても脳が喜ぶ遊びなんです

幼児期にはたくさん『じゃれあい』遊びをしてくださいね。

我が家では寝る前に『じゃれあい』遊びをしていました
小6になっても小3の弟一緒に
『ママやろう~』と言ってきます

肌のふれあいだけでなく
心の安定につながります

幼児期からの遊びの習慣にしておくと
思春期に入る前の微妙なお年頃の
子どもとも
肌触れ合って遊ぶことができますね

簡単で誰でもできて脳の発達にもよい
『じゃれあい』

やってみないと損ですよ



 

クリスマスプレゼントに迷ったらコレ!

今日から12月
もうすぐクリスマス

クリスマスプレゼントはお決まりですか?

お子さんがまだ小さい時には
あれがいい、これが欲しい!
はまだないと思います。

そんな時

プレゼントに選んでほしいものは
親子で遊べて
長く使え
想像力も創造力も養うことのできる

『積み木』

をお勧めします。

丸、三角、四角、二等辺三角形、直角三角形、
組み合わせでたくさんの形ができると
楽しめます。

知育的要素がたっぷりの
積木はあると

様々な遊びに発展します。

他にも積み木に似た
『ジェンガ』『ドミノ』『カプラ』などもいいですね。

我が家の2歳の時のプレゼントはこれ



 

1

« 2016年11月 | メインページ | アーカイブ | 2017年1月 »

このページのトップへ